car_side

1: 2021/03/27(土) 17:44:59.40 ID:CAP_USER
【ポルシェも採用検討】CO2を排出しない合成燃料、何が新しい? 既存のガソリン車にも対応

■燃料を変えればクルマはクリーンになる

 ポルシェは最近、2022年までにほぼCO2ニュートラルな合成燃料の製造を開始する計画を発表し、大きな話題となった。
 しかし、合成燃料の化学的性質は、自動車の誕生とほぼ同じ時期から理解されていたものだ。
 ポルシェの発表は何が新しいのだろうか。

 合成燃料とは、お酒などに含まれるアルコールの一種、エタノールのことではない。
 エタノールは発酵の産物であり、生物学的に生成される。
 英国ではガソリンに5%混合され、今年後半にはCO2排出量をさらに削減するために10%に増量される。
 エンジンは、エタノールの腐食性に対応しなければならないが、合成燃料では問題ない。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AUTOCAR JAPAN 3/23(火) 18:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8c35fc15d5da8c10d92f1a819074ef05f5433f8


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
ポルシェも採用検討、CO2を排出しない合成燃料がすごすぎるwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.