トヨタロゴ素材

1: 2020/11/06(金) 14:32:10.09 ID:CAP_USER
→コロナ影響底入れ、世界販売は9月に増加-主力の北米の収益が回復
→欧米で再び拡大傾向、第2、3波のリスク「予断許さず」-近CFO

トヨタ自動車[7203]は6日、今期(2021年3月期)の営業利益予想を前期比46%減の1兆3000億円(従来予想5000億円)に上方修正すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んでいた販売が回復しており、販売計画を見直したことなどが背景にある。

  トヨタの新たな営業利益見通しはブルームバーグが事前に集計した市場予想平均値1兆2526億円を上回る。販売台数が3850億円の増益要因となったほか、為替も1650億円押し上げる。

  同社の近健太最高財務責任者(CFO)は6日の決算発表会見で、株主による支援の感謝として5円の特別配当を実施すると述べた。中間配当は前年から5円増額し1株当たり105円となる。

□トヨタ決算の概要
通期見通し
●売上高:26兆円(従来予想24兆円、市場予想25兆3482億円、前期29兆9300億円)
●営業利益:1兆3000億円(従来予想5000億円、市場予想1兆2526億円、前期2兆4429億円)
●純利益:1兆4200億円(従来予想7300億円、市場予想1兆2286億円、前期2兆762億円)

7-9月実績
●売上高:6兆7744億円(前年同期7兆6395億円、市場予想6兆6402億円)
●営業利益:5060億円(前年同期6623億円、市場予想3158億円)
●純利益:4705億円(前年同期5920億円、市場予想2662億円)

  トヨタ単体の9月の世界販売は新型コロナ感染拡大以降で初となる前年同月比で増加に転じており、7-9月期には前年同期比約93%(8月想定85%)まで回復。年末から来年初めにかけて前年並みに戻るとしていた8月の決算時の想定を前倒しで達成した。
□トヨタ、9月世界販売がコロナ禍以降初の前年超え-単体1.9%増 - Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-29/QIXYR2T0AFBI01

  7ー9月期には、主力の北米事業の営業利益が1873億円で前年同期比61%の大幅増となったことが利益面で貢献した。

  新型コロナの影響で多くの競合他社が赤字に陥る中、トヨタは4-6月期に黒字を確保して地力の差を見せつけた。その後、世界大手の独フォルクスワーゲン(VW)や米フォード・モーターが7-9月期は営業黒字に転換するなど業界全体で回復基調が見えてきている一方、欧米では感染が再び拡大しており先行きには不透明感も漂っている。
□独VW、7-9月は営業黒字に転換-中国需要堅調 - Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-29/QIYABMT1UM1101

  トヨタの近CFOは会見で、コロナの第二波、第三波の「リスクを考えると予断を許さない」と述べた。

トヨタの今期の主な計画値
●連結世界販売台数:750万台(従来計画720万台、前年同期895万5000台)
 ●グループ総販売台数:942万台(従来計画910万台)
●想定為替レート:1ドル106円、1ユーロ121円(従来想定1ドル105円、1ユーロ115円)

□関連スレ
【自動車】トヨタグループの世界販売、5年ぶりのマイナス…19.9%減の436万6308台 2020年度上半期 [エリオット★]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1604299713/

2020年11月6日 12:52 JST
更新日時 2020年11月6日 13:23 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-06/QJCLQYT0AFC801

続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【朗報】トヨタ、今期営業益予想1兆3000億円に上方修正-販売回復や為替

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事