トヨタロゴ素材

1: 2020/08/31(月) 16:48:19.14 ID:nxMGsSrW9
トヨタは、新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」を2020年8月31日より発売した。ハイブリッド車ではクラス世界トップレベルの低燃費を実現したほか、安全・快適な先進装備を多数搭載する。価格は179万8000円~281万5000円(消費税込み)。

コンパクトSUV界を制するか!? 新型ヤリスクロス発売

■洗練されたスキのない外観とゆとりの荷室
新型ヤリスクロスは、ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎつつ、コンパクトSUVの新たな価値を追求する。

具体的には、ヤリス同様、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用。ヤリスの持つ「凝縮感」に加え、SUVならではの力強さ、存在感を表現したバランスのよいプロポーションを実現した。

また、荷室容量はコンパクトSUVトップクラスの390L。ユーティリティ性に優れたゆとりあふれる荷室空間を実現し、ユーザーのアクティブライフをサポートする。

■ハイブリッド車は世界トップの低燃費!
走行性能においては、街乗りからレジャーまで幅広く活躍する4WDシステムも採用。

ガソリン車には、路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトなど、SUVの走りを堪能できる機能を搭載。

またハイブリッド車にはE-Four(電気式4WDシステム)を設定したほか、クラス世界トップレベルの低燃費(2WDでWLTCモード:30.8km/L)を実現している。
最新の安全・快適技術を搭載、コンパクトだからこその安心を

新型ヤリスクロスは、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備(X“B パッケージ”を除く)。

全車速追従機能付のレーダークルーズコントロール、アダプティブハイビームシステム(AHS)をはじめ、高度運転支援「トヨタチームメイト(アドバンストパーク)」をヤリスに続き採用するなど、最新の先進運転支援技術を上級車同様に数多く搭載しているのも特徴だ。
販売概要

■月販目標台数:4100台
■愛車サブスクリプションサービス「KINTO ONE」月額:2万1010円~(税込み、年プラン・ボーナス併用払いありの場合)
※KINTO ONEでは見積りから申込み、契約までの全てをWeb上で完結することも可能
各グレードの価格

ガソリンモデル(2WD/4WD)
■X “B パッケージ”:179万8000円/202万9000円
■X:189万6000円/212万7000円
■G:202万円/225万1000円
■Z:221万円/244万1000円

ハイブリッドモデル(2WD/E-Four)
■HYBRID X:228万4000円/251万5000円
■HYBRID G:239万4000円/262万5000円
■HYBRID Z:258万4000円/281万5000円
※価格はいずれも消費税込み

https://news.yahoo.co.jp/articles/f82426f2ddcaf7d8cb7fb55ae8ba08c9656fed50


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【トヨタ】ついに発売開始!コンパクトSUV「ヤリスクロス」価格はライバルよりお得な179万8000円~

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事