「待ち合わせ」

1: 2020/10/27(火) 20:23:28.74 ID:ujUHTdTP9

10/27(火) 18:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/8622397f45d70115e4667019fec19a2f6dab49e5

「ちょっとなら」「少しだけなら」いいだろうは厳禁!
 ロングドライブのときに誰もがお世話になる、高速道路のSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)。ほっとひと息つきたい場所なので、マナーが悪いクルマを見かけるとがっくりしてしまう。そうしたマナー違反のなかから、とくに気になるケースをピックアップしてみよう。

【写真】マナーが悪いだけじゃない!じつは道交法違反のクルマの運転6つ

1)障がい者等用の駐車スペースへの一般車両の駐車

身障者用駐車スペースは身体の不自由な方の専用スペース。車椅子を利用している人、怪我をしている人、高齢者、妊婦などのために用意されているので、健常者がこのスペースにクルマを止めるのは重大なマナー違反。恥ずかしい行為だということを自覚してほしい。

2)車種ごとの駐車スペースを守らない

SA・PAには、バスやトレーラーなどの大型車用駐車スペースが設けられているが、ここに普通車を止めるのは大迷惑。その反対に大型車が普通車のスペースに止めるのも当然NG。駐車マスの空きがない場合、「ちょっとの間なら……」と思うかもしれないが、ひとりの自分勝手な行動がほかの多くの人に悪影響を与える。空きがなければ少し待機してでも、正しい駐車スペースに止めること。

3)家庭ゴミの持ち込み
 旅行に出かけるときに、自宅に生ゴミを置いていきたくないという理由で、SA・PAに家庭ゴミを持ち込んで捨てていく人がいるがこれも問題。SA・PAのゴミ箱には、ドライブ中に出たゴミだけをきちんと分別して捨てるのがマナーだ。ましてや、駐車マスの脇に、空き缶やペットボトルを置いたまま走り去ったりするのは最悪だ。

以下ソースで


続きを読む

Source: 車速報
「待ち合わせ」「駐車スペース無視」「男性トイレの女性利用」などのルール無視! SA・PAで守るべきマナー8選+α

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事