01

1: 2021/01/06(水) 21:48:46.98 ID:b8E/hCLp0● BE:844481327-PLT(13345)

手自動車メーカー、フィアット・クライスラーとプジョー・シトロエンの経営統合の計画がそれぞれの株主総会で承認され、トヨタや、日産のグループなどに続く世界4位の自動車メーカーが近く誕生することになりました。

ヨーロッパに拠点を置くFCA=フィアット・クライスラーと、PSA=プジョー・シトロエンは、おととし経営統合で合意し、先月には公正な競争の妨げにならないか調査を進めていたEU=ヨーロッパ連合から条件付きで計画が認められました。

2つのメーカーは4日、それぞれの株主総会に経営統合の計画を提案して承認を受け、今月16日の統合完了を目指すことになりました。

新たな会社の社名は「ステランティス」で、プジョーやフィアット、ジープといったブランドを展開します。

販売台数は、フォルクスワーゲンやトヨタ自動車、それに日産、ルノー、三菱自動車工業の3社連合に次ぐ規模になり、世界4位の自動車メーカーが誕生することになります。

世界の自動車業界をめぐっては、ヨーロッパで乗用車を対象とした厳しい環境規制がことし本格的に始まったほか、将来のガソリン車の新車販売禁止を打ち出す動きが各地で相次いでいます。

両社は、統合によって経営資源を電気自動車などの開発に集中させ、生き残りを図るねらいです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210105/k10012797231000.html


続きを読む

Source: 車速報
FCAとPSAが経営統合 世界4位の自動車メーカー「ステランティス」誕生へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事