初代インテグラタイプR

1: 2020/08/30(日) 06:10:30.42 ID:GFTAJlmu0

この初代インテグラタイプRの価格高騰は、まずアメリカで起こりました。北米ではアキュラ「インテグラタイプR」として販売され、現在は程度の良い個体ならば6万ドル(約640万円)から8万ドル(約850万円)で取り引きされており、もはや投機の対象です。

 それに引きずられるように国内仕様の初代インテグラタイプRも高騰を続け、いまでは200万円台が中心で、程度によっては300万円台と、新車価格を100万円以上も上まわっています。


続きを読む

Source: 車速報
90年代のスポーツカーの高騰が止まらない。新車価格200万のが800万で取引される始末。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事