Unknown-1

1: 2022/08/27(土) 16:05:53.38 ID:BA//g4fb9
自動車評論家 国沢光宏
CATLのM3P電池、安くて性能良くて長寿命。こんな電池が出回れば日本製電池はオシマイです。

雨不足のため中国で頻発している直近の電力不足により電気自動車の急速充電所が次々とクローズされ、長い長い充電待ちになっている地域も出てきた。
このニュースに接し「やっぱり電気自動車はダメだね!」と電気自動車大嫌い君達は喜んでいるようだけれど、こらもうガソリン車だって入手難になったら同じこと。
東日本大地震の記憶を失っているらしい。

そんな中国でCATLが『M3P』という新しい電池の量産を始めるという。
リン酸鉄リチウム電池の進化板で、安価かつ長寿命、安全という特徴はそのまま、日本車に広く使われている3元系リチウム電池と同じくらいのエネルギー密度を持つという。
日本の自動車メーカーがバカにして使わないリン酸鉄リチウム電池、急速に進化してます。こんな電池が量産されたら3元系リチウム即死かと。

なのに日本の自動車メーカーは6発爆撃機『富岳』と同じような全固体電池で形勢逆転出来ると未だに信じている(多くの日本人も、です)。
全固体電池、中国の方が開発の進捗度合いで勝っており、そもそも日本で全固体電池を作っても輸出出来る国無し。
日本の政治家は国際交渉で農業分野を除き全譲歩ですから。世界一高いバターだって政府が農家を守っているからだ。

少し脱線すると、農業をダメにしたのも政治。他の産業と同じく補助金を出さなければ淘汰され、欧米並みの大規模農業になっていた。
さすれば生産コストだって下がるため、国際競争力出て食糧自給率上がったと思う。
まぁ政治家を選んだのは国民なので、多くの日本人の意識がそういったことだから自滅やむなし。そして全固体電池で全く勝負にならないと思う。

どうすればいいか? ここが難しい。私らの世代は世界一になろうと頑張った。けれど今の人達は今の日本が世界一凄いと思っている。
どんぶり勘定なんか悪。「月月火水木金金」などトンでもない! でも世界的に見たら優良企業の上層部はメチャクチャ働いている。
日本のメディアは自分達は棚に上げ、一番厳しい層を見て同情することを持って自己満足に浸る。

落ちるところまで落ちる日野自動車の残党は、しがらみ無しに優れた技術をどんどん採用していっていって欲しい。
M3P電池なんか積極的に採用したらいいと思う。何ならCATLの工場を日本に誘致したらどうか。
いずれにしろ今まで違う鮮やか変化をしない限り「変われない物は生きのこれない」というダーウィンの法則通りアウツになると思います。
https://kunisawa.net/car/car_latest-information/catl%E3%81%AEm3p%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E3%80%81%E5%AE%89%E3%81%8F%E3%81%A6%E6%80%A7%E8%83%BD%E8%89%AF%E3%81%8F%E3%81%A6%E9%95%B7%E5%AF%BF%E5%91%BD%E3%80%82%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E9%9B%BB%E6%B1%A0/


続きを読む
Source: 車ちゃんねる
自動車評論家「中国CATLの新型EV用電池は安くて性能良くて長寿命。こんな電池が出回れば日本製電池はオシマイです」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.