vb

1: 2021/03/24(水) 22:09:57.57 ID:+2C4Xe3A9

https://news.yahoo.co.jp/articles/c063d43a5e7add628e9093a0a6bebd4d88ed31b6

ユーザー車検より基本点検料や手数料、部品代などが上乗せされる

クルマの維持費のなかで、車検費用が占める割合は小さくない。
2年に一度(新車は3年に一度)、10人ぐらいの諭吉さんとお別れしなければならなくなる。
その車検には、ディーラーに頼むのと、カー用品店や民間整備工場、車検専門店に出すのと、自分で運輸局の検査登録事務所に持っていくユーザー車検の3つのやり方があるが、一番頼りになるはずのディーラー車検は費用の面で高いというイメージが定着している。

なぜディーラー車検は高いのか。車検には、法定費用といってどこで検査を受けたとしても、印紙代(検査手数料)、自動車重量税、自賠責保険料は必要で、この金額は安くなりようがない。
金額的に違いが出るのは、法定費用以外の整備点検費用の部分になる。
ユーザー車検の場合、自分で点検をおこない、とくに部品を交換しなくても車検に合格できるコンディションであれば、法定費用以外の出費はゼロになる。

一方、ディーラーや民間車検場などの場合は、まず基本点検料と手数料が上乗せされる。
民間車検場は、ディーラーを基準に、『安さ』や『早さ』を売りにしているケースが多いので、基本点検料が比較的割安だ。
そして整備で必要な部品も、ディーラーは当然純正部品を使用するが、ディーラー以外の工場では純正同等の社外部品、いわゆる優良部品を使ったり、リビルド品を使ったりした上、部品代を定価ではなく値引きしてくれることがある。

さらに、整備に対する考え方にも違いがあって、ディーラーでは次回の車検=2年後まで、安全に走れることを基準にしており、この先2年間はもちそうもない部品は、現状で保安基準をクリアしていたとしても、「予防整備」という考え方で交換するのが一般的だ。

安心感ではディーラー車検が一番だ

具体的には、タイヤやバッテリー、ブレーキパッドなどの消耗品は、まだギリギリ残っていて、とりあえず車検を通すことは可能であっても、残量が少なければ早めに交換。
ベルト類やドライブシャフトのブーツなども、劣化しひびが入って、あと2年は持ちそうもないと判断されたら交換してくれる。
ディーラー以外では、こうした『予防整備』はオプションだったり、最小限レベルだったり、オーナーと相談のうえ交換したりするので、トータル費用ではディーラーより安くなる場合がほとんどだ。

その代わり、ディーラーはそのクルマについて詳しい情報を持っているし、ウィークポイントもよく把握している。
対応も親切丁寧で、代車を貸してくれたり、引き取り納車、洗車などのサービスもある(一部有料)。
点検整備箇所には、整備保証がついて、安心感ではディーラー車検が一番なので、普段、クルマのメンテナンスに気を配っていない人や、メカには弱いという人は、ディーラーに車検を任せるのがベストかもしれない。

また、高いと言われるディーラー車検でも、あらかじめ見積もりをとって、不要な部分(例:下まわりの洗車など)を省いてもらえれば、車検費用を節約することも可能になる。
最近では、購入時に入る「メンテナンスパック」(あらかじめ決められた期間内のメンテナンス代を一括前払いすることで割安になるサービス)も浸透しており、以前よりディーラー車検=費用が高いというイメージは薄まってきているかもしれない。

まとめるとディーラー車検は、

・整備代(工賃)が高い
・純正部品が高い
・予防整備の範囲が広い

といった理由から、他の車検より費用面では不利かもしれないが、その分手厚いサービスも受けられるので、コスパは決して悪くはない。
車検に愛車を出す際は、費用だけで比較するのではなく、点検内容をはじめトータルで見比べ、一番自分に適した車検を選ぶようにしよう。


続きを読む

Source: 車速報
法定費用はどこでも同じ!なぜディーラー車検は「高い」のか? 利用する「メリット」とは

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.