1: 2021/03/31(水) 14:40:36.67 ID:V8MYNNdc0● BE:423476805-2BP(4000)

トヨタ・86、スバル・BRZのフルモデルチェンジが迫っている。
共通の水平対向エンジンを搭載するFRスポーツカーとして2012年に発売された姉妹モデルであるが、次期型は差別化が大きなテーマの一つでもある。
既にBRZについては、北米仕様の次期型が2020年11月に発表されており、その仕様の概要を知ることができる。
しかし、86についての公式情報はトヨタからまだ出されていない。

https://car-research.jp/86-brz/2nd-brz.html
(写真は新型BRZ北米仕様)

no title

86とBRZの差別化については初代モデルでもいくらか実施されてきたが、内外装の細部の違いやサスペンション設定といった、味付け程度の範囲に留められていた。
次期型では、より明確なキャラクター分けが求められており、後出しとなる86の最終調整が長引いている。
これにはECUやギア比といったパワートレイン部を含めたチューニングが盛り込まれる可能性が考えられる。

ただしそれでも次期型の86とBRZが姉妹車であることには変わりがない。
共通となる搭載エンジンは、新開発の2.4L NA(FA24型)が採用される。
従来型の2.0L NA(FA20型)からは排気量アップということになるが、これは主に北米でのニーズに応えた。
プラットフォームは従来型からのキャリーオーバーながらも大幅に改良を受ける。

トランスミッションは6速MTと6速ATが用意される。
BRZの6速ATモデルにはアイサイトが搭載される見込みで、これはスバル側が仕掛けた差別化の一つである。

新型BRZ日本仕様は2021年夏にも正式発表を迎える見込みで、先行予約の受付など実質的なセールス活動もこの時期に始まるだろう。
一方で新型86はデビューが遅くなり、2021年末から2022年になってからの発表、発売が予想される。


続きを読む

Source: 車速報
次期86/BRZは差別化がテーマ、BRZ先行発売へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.