1: 2021/09/17(金) 10:06:09.80 ID:t2Xply1D9
日産+三菱の軽自EVが200万円で22年度初頭に発売へ その勝算と不安は!?

 日産+三菱の軽EV量産決定の発表を受けて、市場にはさまざまな声がある。

 「EVが手軽な価格で買えるのは大歓迎だ」という賛成派もいるだろうし、「軽は手軽に使うクルマなのだから、充電のことを考えるとわざわざEVじゃなくても……」といった”迷い”派もいるだろう。賛否両論が渦巻く軽EV、果たして売れるのか? いろいろな角度から検証してみたい。

文/桃田健史、写真/日産、平野 学

■軽EV量産モデルの概要

 まずは、日産と三菱のプレスリリースの内容を振り返ってみる。今回明らかになったのは、クルマは「軽クラス」であること。ボディ寸法は、全長3995×全幅1475×全高1655mmであること。駆動用バッテリーの容量が20kWhであること。価格が「実質購入価格は約200万円」であること。 そして、発売時期は「2022年度初頭」であることなどだ。

 ボディのデザインについては公開されていないが、2019年の東京モーターショーで公開されたコンセプトモデル「IMk」がベースになると予想される。また、モデル名については、ネット媒体各社が商用登録に関する情報から推測しているが、現時点で日産と三菱からは正式コメントはない。

https://bestcarweb.jp/feature/column/322624
no title


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
日産+三菱の軽自EVが200万円で22年度初頭に発売へwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.