Unknown-2

1: 2022/11/08(火) 22:03:19.76 ID:m8UkpglF9
>>11/7 17:00
下野新聞

 「信号機のない横断歩道を歩いて渡る時、手を上げれば車の停止率は上がりますか」。下野新聞「あなた発 とちぎ特命取材班」にそんな疑問が寄せられた。日本自動車連盟(JAF)が毎年公表している横断歩道での車の停止率で、2018年に全国最下位に沈んだ栃木県。「止まってくれない栃木県からの脱却」と題したキャンペーンが奏功し、今年の停止率は44.9%で22位だった。改善しているが、まだ半数以上が止まっていない。一時停止は運転者の義務だが、歩行者側の意思表示の効果を調べるため、県内の横断歩道に立ってみた。

 9月下旬。まずは調査場所の選定に取りかかった。

 JAFは毎年、信号機のない横断歩道で車が歩行者を優先し一時停止した割合を全都道府県で調査している。交通量が1分間に3~8台で、近くに交差点がない横断歩道が条件という。ただ調査地点は非公表だ。

 該当しそうな場所はどこか。県警交通部に尋ねると、交通量の面では幹線道路同士を結ぶ道路などが当てはまるとのこと。実際に宇都宮市内で1時間ほど車を走らせて適した場所を探し、同市みどり野町の横断歩道を調査場所に決めた。

 JAFは50回横断した際の停止率を公表している。今回の取材では30回とし、1回ごとに道路を横断できるまでに通過した車と止まった車の台数を数えた。意思表示は、(1)挙手なし(2)挙手あり(3)スマホを見てドライバーには目を向けない-の3パターンを試した。

続きは↓
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/653865?top


続きを読む
Source: 車ちゃんねる
手を挙げたほうが車は止まる? 信号のない横断歩道で確かめた結果wwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.