600

1: 2020/12/09(水) 21:52:17.31 ID:8s1LxAlT9

駐車場にスクリーンを配し、車に乗ったまま映画鑑賞できる『ドライブインシアター』。80年代にデートスポットとして賑わいを見せた古き良き文化が、再ブームの兆しを見せている。

1930年代にアメリカで開業したドライブインシアターは、50~60年代に同国で大ブーム。90年代には日本でも20カ所を越える施設が誕生したが、映画レンタルの普及などを理由に衰退し、2010年には国内のすべての施設が閉鎖された。

しかし今、新型コロナウイルスで3密を避けられるイベントとして開催が増加。最近では、お笑いライブを車内から鑑賞する『よしもとドライブインシアター』などの変わり種イベントや、「イオンシネマ」を擁する商業施設「イオンモール」駐車場でも開催されることに。

カーステレオのFMラジオ周波数に合わせて音声を流し、おしゃべりしながら映画鑑賞。そして、拍手の代わりにパッシングをするなどドライブインシアターならではのマナーは、若者には未知なるエンタテインメントとして目に留まった。

周囲で10~20代の若者に「ドライブインシアターを知っているか?」と訊ねると、「ドライブしながら映画気分のこと?」「ボンネットに寝転んで映画を観るイベント?」といった感想に。しかし、その安全かつ気軽に非日常が楽しめる実態を知ると、彼らも興味を持ったようだった。

直近では、12月11日に「イオンモール四條畷」(大阪府四條畷市)で開催され、上映作品は、感動作と話題を呼んだディズニー&ピクサー映画『2分の1の魔法』。

会場は、イオンモール四條畷L駐車場で、19時開演。料金は1台3300円(ポップコーン・ドリンクが2セット付)。

Lマガ 2020.12.9
https://www.lmaga.jp/news/2020/12/191689/


続きを読む

Source: 車速報
懐かしのドライブインシアター、再ブームで新世代にもヒット

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事