フィアット、EV専用ブランドへ

1: 2021/06/10(木) 16:18:50.77 ID:f2+hohRY9

イタリアの自動車メーカーであるフィアットは、2030年までにEV(電気自動車)だけのブランドになることを目指し、
2025年以降、世界のラインナップからすべての内燃機関搭載モデルを廃止すると発表した。

フィアットは先日、大人気のコンパクトカー500のEV専用モデルを発表した。
このモデルは既存の内燃機関搭載モデルと並行して販売される。
同社は、EVをより手軽なものとし、充電インフラの整備を含めて購入のハードルを下げ、大気環境の改善に貢献したいと述べている。

「2025年から2030年にかけて、当社の製品ラインナップは徐々にEVのみになっていきます。これはフィアットにとって大きな変化です」

「新型500をEVだけで発売するということは、実はパンデミックの前から決まっていました。
その時から、わたし達は世界がこれ以上の妥協に耐えられないことを認識していました。
地球のために何か行動を起こすことの緊急性を再認識したのです」

英国をはじめとする欧州各国では、2030年以降、非ゼロ・エミッション車の新車販売を事実上禁止するが、
フィアットはそれまでにEV専用ブランドになることを目指している。内燃機関搭載モデルの販売が許可されている国でも同様だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6eab3db3c3120b5d9cd6091a45e4552ef404de2


続きを読む

Source: 車速報
伊フィアット、2030年までにエンジン搭載車の新車販売終了 EV専業メーカーに

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.