hh

1: 2022/12/08(木) 19:19:38.30 ID:Q+JYaA0r9

くるまのニュース ニュース 2022.12.08
https://kuruma-news.jp/post/589411

■EV受賞は11年ぶり! 軽としては初のイヤーカーに
今年のクルマにふさわしい一台を決める「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、日産「サクラ」/三菱「eKクロスEV」が選ばれました。

43年にわたる日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴史のなかで、「日本独自規格」の軽自動車が選出されるのは初めてのこととなります。

2010年に発売された日産初代「リーフ」でした。

バッテリーEVでリードする日産が、再びEVで日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したことになります。

また、前回2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤーとなった「ノートシリーズ」に続き、日産車が2年連続受賞となりました。

一般社団法人 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、サクラ/eKクロスEVの受賞理由について次のようにコメントしています。

「日本独自の軽自動車規格を採用し、現実的な車両価格でバッテリーEVを所有するハードルを下げ、日本でのバッテリーEV普及の可能性を高めた。

また本格的な脱炭素時代を前に、減少するガソリンスタンドや公共交通などの衰退も予想される状況で、軽自動車+バッテリーEVという組み合わせは、高齢者を含めた多くの人の移動の自由を担保するだけでなく、社会的課題解決への可能性を示している。

さらに、走行性能についてもハンドリングと動力性能が従来の軽自動車を凌駕しているという声が多く集まった。安全装備も360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)を搭載し、高級車並みの運転支援機能を装備している点も評価された」

サクラ/eKクロスEVは、優れた軽自動車に贈られる「K CAR オブ・ザ・イヤー」も受賞しました。

※ ※ ※

イヤーカーとインポート・カー・オブ・ザ・イヤー、各部門賞を受賞したクルマは以下のとおりです。

●2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー
日産「サクラ」/三菱「eKクロスEV」

●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー
ヒョンデ「IONIQ 5」

●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー
BMW「iX」

●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー
日産「エクストレイル」

●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー
ホンダ「シビック e:HEV/シビック タイプR」

●K CAR オブ・ザ・イヤー
日産「サクラ」/三菱「eKクロスEV」


続きを読む
Source: 車速報
今年のクルマ「日本独自の足車」軽自動車に初の栄冠 日産「サクラ」/三菱「eKクロスEV」が軽初の日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.