4bedaf429ea4d88171001285af6ebd05_1

1: 2022/12/30(金) 08:48:39.46 ID:3DEwPtdG9
予約制乗り合いワゴン車 坂道が多い街の足に 新百合ケ丘駅周辺で実証実験 来月10日から運行

 坂道の多い小田急線新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)周辺で、利用者の予約に応じて運行するワゴン車の乗り合いサービス「チョイソコしんゆり」の実証実験が来年一月十日から始まる。市や事業者でつくる実行委員会が三月十一日までの約三カ月間運行し、効果を測る。(中山洋子)
 「チョイソコ」は、トヨタ自動車グループのアイシン(本社・愛知県)が手掛けるサービス。予約をした停留所でピックアップし、目的の停留所まで他の乗客の予約も勘案して最適ルートで送迎するしくみ。
 すでに全国四十六自治体で導入され、市内でも十一月に高津区と中原区をまたぐ地域で「チョイソコかわさき」の実証実験を実施。今回が二カ所目となる。
 新百合ケ丘駅周辺では昨年、スマートフォンのアプリでしか予約できない別の乗り合いサービスの実証実験を行い、高齢者には使いづらいことが分かった。今回、高齢者のニーズも念頭に、電話でも予約できる「チョイソコ」を導入した。
 今回の実証実験は、起伏が多い同駅周辺の麻生区役所やスーパーなどの約百五十カ所に停留所を設ける。高齢者が使いやすいかどうかに加え、塾と連携した児童の送迎サービスなど子育て世代のニーズも探る。
 運賃は三百円(未就学児無料)。利用希望者は、区役所などで配布している申込用紙やウェブサイトなどで事前に会員登録をし、二週間前から当日の三十分前までに予約する。期間中、定員六人のワゴン車二台を配備し、平日午前七時~午後十時、土曜午前九時~午後五時の週六日運行する。
 市の担当者は「高齢者から子育て世代まで、どんな人々にも利用しやすい運行計画を検証したい」としている。

東京新聞 2022年12月30日 07時23分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/222814


続きを読む
Source: 車ちゃんねる
予約制乗り合いワゴン車 新百合ケ丘駅周辺で実証実験 来月10日から運行

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.