SUV

1: 2021/06/09(水) 17:54:48.89 ID:gPk8/dgh9

 2021年4月23日に発売したばかりのコンパクトSUV、新型ホンダヴェゼルは約1カ月で累計受注台数は3万2000台となり、月間販売台数の6倍以上という好調な滑り出しとなった。

 また、2020年8月に登場したトヨタヤリスクロスもセールスが好調で、販売会社のホームページで納車時期を確認すると、ガソリン車、ハイブリッドともに2020年12月以降(予定)と表示されている。半導体不足など様々な要因があるとはいえ、人気の高いSUVの納車時期は長くなっているのが現状だ。

 まさにSUVを出せば売れるという感じだが、なぜSUVは我々を虜にするのだろうか? SUVを一度買ったらやめられないとよく聞くが、なぜそれほどまでに人気なのか?

 その理由を探るとともにベースとなったハッチバックと、SUVモデルの査定買取価格を徹底比較。買取価格もSUVのほうが高いのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

 筆者もSUVブームに乗っかったというわけではないが、SUVを3台乗り継いでいる。スバルレガシィアウトバック、XVハイブリッドをそれぞれ5年乗り、現在はプジョー2008を所有している。SUVを選んだ理由は多くのユーザーと同様に、所有するクルマは自分の希望を最大限叶えてくれるオールインワンのクルマだからだ。

 仕事柄、たくさんの撮影機材をラゲッジスペースに積み、遠方へ日帰り取材を行うことが多い。本来は広いラゲッジスペースと低重心を活かしたステーションワゴンがマッチしていると思っている。

 しかし、レガシィアウトバックを選んだのは、2.5Lターボエンジンを搭載した特別仕様車が登場したタイミングだったこと。

 そして、最低地上高を高めたことにより、タフな路面状況でも走行可能だろうという+αの魅力に惹かれた。

 XVハイブリッドはベース車のインプレッサスポーツに加えて、最低地上高を大幅に高めたことで、ドライバーのアイポイントが高くなり、良好な視界が獲得できたこと。全高を高めたことで荷室も広くなるなど、ステーションワゴンには及ばないが、自分のニーズに応えてくれたのである。

 現在のプジョー2008はXVハイブリッドで馴染んだ視界の良さそしてクラストップの荷室。そしてボディサイズに制限のある立体駐車場にマッチしたモデルだったからだ。

 恥ずかしながらSUVを3台乗り継ぎ、前の2台は4WDだったにも関わらず、スタッドレスタイヤを装着したことも、購入したこともない。

 さらにキャンプなどアウトドアに行くこともない完全な“街乗りSUV派”だ。したがって、スキーやスノボに行く人たちから「なんで4WD買ったの?」、「なんでSUVなの?」と散々言われたものだ。

 しかし、前述したように、自分にとって4WDは雪道を走るためでなく、突然の大雨などによりスリッピーな路面になっても運転の負担を軽減するために選んだもの。FFのプジョー2008を選んだのは、予算そして立体駐車場というボディサイズに制約のあるなかで、ベストチョイスをした結果だ。

 そしてSUVを乗り継いでわかったことは、XVハイブリッドを手放す時の査定価格が高かったということだ。SUVの人気モデルは期待以上の働きをしてくれて、手放すときにも期待以上のバリューがあるのだ。

https://www.google.co.jp/amp/s/bestcarweb.jp/usedcar/289876/amp


続きを読む

Source: 車速報
一度買ったらやめられないSUVの魔力とは?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.