emblem_001

1: 2021/06/26(土) 16:28:24.01 ID:h1sQHU5N0 BE:501636691-BRZ(11001)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu03.gif
“カローラクロス”今夏にも発売へ! トヨタの容赦ないSUV攻勢、300万円前後の価格設定に他メーカーは戦々恐々!?
トヨタの新型「カローラクロス」は、2020年7月9日にタイで発表されたコンパクトSUVだ。
その際に発表されたタイ仕様のボディサイズは全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mm、ホイールベース2640mm。

同じカローラファミリーと比較すると、全高以外はワゴンモデルの「カローラツーリング」
(全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mm、ホイールベース2640mm)に近いが、車幅はカローラツーリングより80mm大きい。

トヨタのSUVシリーズで比較すると、「RAV4」(全長4600mm)と「ヤリスクロス」(全長4180mm)の間を取った、日本でも扱いやすい大きさに収まっているといえる。
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/ef55dfcd3236326fe2220b08aa009609fdd1eb13/

レクサス版「86(ハチロク)」がまさかの登場!? 仰天のLEXUS小型高級スポーツカーの噂を検証
高級ブランドのレクサスだが、近年はダウンサイジングモデルにも力を注いている。
レクサスの主力SUV「RX」は、モデルチェンジでボディサイズを拡大。補完するミディアムクラスとして「NX」を追加し、市場を拡大させるのに成功している。
続いてレクサスでは、NXの弟分としてコンパクトSUV「UX」を加えた。レクサスブランドのエントリーモデルとして、主に若いユーザー層の裾野を広げるのに貢献している状況だ。

まだまだ広がりをみせる旺盛なSUV需要に応えるべく、レクサスではより小型サイズのSUVも計画している、との噂も聞かれるようになった。
クーペにおいても、若いユーザーの開拓を担うべく誕生させようとしているのが、噂のレクサス版86「レクサス UC」という訳だ。
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/7ca2692bee0a4a2e3410307fc1f85c668f360b70/


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
トヨタ勢の攻勢が止まらない!今夏にカローラクロス発売、レクサス版ハチロク発表の噂も

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.