1: 2019/11/26(火) 15:02:06.97 ID:7Zto/S5w0● BE:423476805-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
スズキは東京モーターショー2019で次期ハスラーを予告するコンセプトモデルを参考出品していた。
その市販型が12月24日にも発表されるスケジュールとなっている。

ハスラーコンセプトは、ショーモデル向けの専用装飾やカラーリングが施されていた可能性はあるが、
基本的には、ほとんどこのままの形で市販型として正式発表されることが予想される。

エクステリアの第一印象は、従来型からのキープコンセプトでどこが新しくなったのかわかりにくいほど。
従来型は全体的に丸みのあるボディ形状であったが、新型は直線的、スクウェアなラインが多くなり、よりSUVらしい無骨さ、道具感が表現された。

ルーフ長さが延長されているのも、サイドからのシルエットで大きな変化である。
従来型モデルには無かったリアクォーターウィンドウが次期ハスラーには装備されることになる。

ボディサイズでは、ホイールベースが従来型から35mm延長の2460mmとなるほか、全高も15mmアップの1680mmとなる。
後席居住性が重視された。

コンセプトモデルは、直列3気筒のNAとターボが設定され、いずれもマイルドハイブリッドの4WD仕様であった。

市販化の段階では、FF仕様あるいは、NAコンベンショナルエンジンを搭載した低価格モデルの設定も期待されていたから、これも明らかとなるだろう。

https://car-research.tv/suzuki/hustler.html
 hustler-door-1024x547
https://www.youtube.com/watch?v=x6fCQxx8eLw


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
スズキ新型ハスラー12月24日発表見込み、FMCで2代目モデルへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事