1: 2019/10/18(金) 22:32:54.24 ID:ZXGvQ++b0● BE:318771671-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
シトロエンの新型MPV『ベルランゴ』、特別仕様車を先行発売へ 価格325万円
ベルランゴは、PSAの新世代プラットフォームEMP2を採用することで、
前進させたフロントスクリーンや短く高いフロントエンド、取り回しを向上させる短いフロントオーバーハングを実現。
シトロエンの最新デザインコードのひとつ、2段構えのポジショニングライトとヘッドライト、フォグランプをラウンドしたノーズ部分に配し、
衝撃吸収パネル「エアバンプ」をドアの下部に備える。全長4403mm×全幅1848mm×全高1844mm×ホイールベース2785mmと、
取り回しがしやすいサイズとなっている。
インテリアは、ファブリックを貼り込んだシートでリビングのような雰囲気を演出。マジックフラット機能を備え、
ワンタッチでフルフラット状態にできる。リアシートは等幅の3座独立式。個別に折畳みが可能となっており、
チャイルドシート装着に便利なISOFIXフックをそれぞれ装備する。奥行きは5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、
助手席を倒せば最長2.7mの長尺に対応。容量は5名乗車時でトノカバー下597リットル、2列目シートを倒した最大積載状態では2126リットルとなる。
収納スペースは、ルーフ部分の「Modutop」を含む28か所を用意する。パノラミックルーフと収納スペースを融合させたModutoは、
フロントルーフ部分に収納トレイを設け、さらに中央部にはバッグインルーフとして最大14リットルまでのバッグが収納可能。
電動サンシェード付きで夏場の室内温度上昇を和らげるほか、ルーフアーチ中央部には調整可能なムードライトを備える。
リアゲートはガラス部分のみを個別で開閉可能。テールゲートを開けずにアクセスでき、狭いエリアでも簡単にリアスペースを利用できる。
また、フレキシブルラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることで、ラゲッジスペースを上下に分割可能。
ガラスハッチとリアゲートで荷物を完全にセパレートして使い分けることができる。

https://response.jp/article/2019/10/18/327750.html

1464731
1464716
1464728
1464718
1464719
1464720
1464721
1464723
1464734


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
シトロエンが新型のミニバン発表 使い勝手が特徴

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事