40

1: 2022/01/05(水) 20:52:20.50 ID:RMAyh3LL9

2022年01月05日 15時03分 乗り物

自動車業界では気候変動対策としてガソリン車から電気自動車への切り替えが進んでいます。そんな中、自動車のCMに「自転車の利用や歩行を呼びかける事項」の追加を義務付ける法律がフランスで可決されました。

Arrêté du 28 décembre 2021 pris pour l'application de l'article D. 328-3 du code de la route - Légifrance
https://www.legifrance.gouv.fr/jorf/id/JORFTEXT000044590170

« Pensez à covoiturer », « prenez les transports en commun » : de nouveaux messages obligatoires sur les publicités automobiles
https://www.lemonde.fr/economie/article/2021/12/29/pensez-a-covoiturer-prenez-les-transports-en-commun-de-nouveaux-messages-obligatoires-sur-les-publicites-automobiles_6107611_3234.html

This EU country is making car ads include disclaimer saying to bike or walk
https://electrek.co/2022/01/04/car-ads-get-cigarette-like-disclaimer-in-france-suggesting-walking-or-biking-instead/

話題となっている法律は2021年12月28日にフランスで可決されたもので、この法律によってフランスでは2022年3月以降、自動車のCMには「短距離の移動は徒歩や自転車で(Pour les trajets courts, privilégiez la marche ou le vélo)」「相乗りを検討しましょう(Pensez à covoiturer)」「公共交通機関の利用を心掛けましょう(Au quotidien, prenez les transports en commun)」という文面を含ませる義務が生じます。

上記の義務はテレビ・ラジオ・オンライン・印刷物といったCMの形式に関係なく生じるもので、文面を含まないCMを公開した場合、自動車メーカーは最大5万ユーロ(約655万円)の罰金を課せられるとのこと。
この法律についてフランスのエコロジー移行大臣であるバルバラ・ポンピリ氏は「交通関連の脱炭素化に必要なのは、動力を電気モーターへ切り替えることだけではなく、可能な限り公共交通機関や自転車を利用することです」と述べ、環境に優しい移動手段の利用を喚起しています。

電気自動車関連メディアのelectrekは世界各国でタバコのパッケージに健康の害を示す注意書きの記載が義務付けられている現状を挙げて「この法律は、酒類産業やタバコ産業が免責事項を製品に含める必要があるのと同じように、自動車メーカーがクリーンで効率的な代替輸送手段について一般の人々に伝えるための要件を規定しています。
ポンピリ大臣が言うように、電気自動車に乗り換えるだけでは環境問題は解決しません。確かに、電気自動車は内燃機関を動力源とする自動車よりもはるかに優れています。しかし、電気自動車はウォーキングやサイクリングよりもはるかに多くのエネルギーを消費し、交通渋滞で街の通りを詰まらせます」と述べ、フランスで制定された法律によって公共交通機関の利用などが推進されることへの期待を示しています。

https://gigazine.net/news/20220105-car-disclaimer-france/


続きを読む
Source: 車速報
【!?】フランスで自動車のCM内に「自動車を使わないことへの呼びかけ」が義務化される、違反すると600万円超の罰金

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.