1: 2021/04/09(金) 21:43:22.65 ID:6JMqnWYg0● BE:123322212-PLT(14121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
ホンダを代表するコンパクトカー「フィット」の新車販売台数が、意外に伸びていない。2020年2月にフルモデルチェンジして発売された現行の4代目は、
発売1ヵ月後の3月に1万4845台を販売し、同月の新車販売台数ランキングで「ヤリス」に競り勝ち2位を獲得。
ところが、翌4月にはライバルのヤリスに首位の座を奪われ、それから徐々に差が広がり、2020年通年(1月~12月)のランキングでは、
15万1766台でヤリスが1位だったのに対し、フィットは9万8210台で4位に終わる。

また、2021年に入ると、2020年12月に新型が発売されたばかりの日産「ノート」にも抜かれる。2月の新車販売台数ランキングでは2万559台でヤリスが1位、
ノートも発売直後ながら7246台で7位に入るが、フィットは5782台で12位とトップ10圏外にまで後退している。

フィットは、かつて新車販売台数でトップを連発し、「コンパクトカーの王者」とまで呼ばれた実績を持つモデルだが、現行モデルにはそんな勢いがみられない。
なぜ現行モデルは苦戦しているのか、その理由を検証してみる。

(中略)

フィットの販売台数が伸び悩んでいる原因について、ホンダの某販売店がヒントをくれた。同じホンダの軽自動車「N-BOX」が競合しているというのだ。
セールス担当者によると、「フィットは、よくN-BOXと比較されます。N-BOXは、室内が広いため使い勝手がよく、車両の価格帯も実はフィットに近いんです。
軽自動車のほうが維持費も安いということで、結局はN-BOXを購入される方も多いですね」という。

N-BOXは、ホンダが誇る軽スーパーハイトワゴンだ。全高1790~1815mmという背の高さや、先述したホンダ独自のセンタータンクレイアウトなどにより、
大人4名がゆったりと座れる室内空間を実現。2020年までの登録車を含む新車販売台数で4年連続1位、軽4輪車では6年連続でトップを維持している、
今日本で最も売れている自動車だ。

価格(税込)も、N-BOXはガソリン車のみの設定で、142万8900円~223万3000円。対するフィットのガソリン車は155万7600円~218万6800円だ。
価格帯は非常に近く、ハイブリッド車を選ばなければ、十分競合になりうるのだ。

全文
https://toyokeizai.net/articles/-/420161


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【速報】ホンダ・フィットがなぜ売れなくなったかが遂に判明wwwwwwwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.