senryaku

1: 2021/09/06(月) 17:40:52.64 ID:L2eW8Khq9

調査主体:チューリッヒ保険会社 調査タイトル:あおり運転に関する調査 調査方法:インターネットリサーチ 調査期間:2021年7月16日~7月20日 調査対象:1週間に1回以上運転している全国のドライバー2,230人

https://news.yahoo.co.jp/articles/7852f13bbdbaddb7afe0f06c9f2983f2968e9fc7

近年、あおり運転に関する事件や事故の報道が増えています。
昨年はあおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が成立しましたが、果たしてどのくらい抑止力となっているのでしょうか?
慎重に運転をする人ほど、スピードが遅いことによるあおり運転のターゲットになりやすのではないかと考えられます。

チューリッヒ保険会社が全国のドライバー2,230人を対象とした「あおり運転実態調査」によると、あおり運転をされたことが「ある」と回答した人はちょうど50%に。
うち18.3%は「1年以内にある」となっています。
また近年のあおり運転の報道をうけ「被害を受けないよう意識して運転している」と回答した人は76.4%。
多くの人が対策をしているにもかかわらず、あおり運転は減っていないようです。

であおり運転をされた人は、実際にどんなことをされたのでしょうか?同調査による結果は次の通りとなりました。

◆あおり運転でされたこと
あなたの自動車に激しく接近し、もっと速く走るように挑発してきた……76.5%
車体を接近させて、幅寄せをされた……25.3%
前方を走る車に、不必要な急ブレーキをかけられた……20.3%
必要のないハイビームをされた……19.0%
執拗にクラクションを鳴らされた……17.0%
急ブレーキや急ハンドルで避けなければいけないような進路変更をされた……14.5%
左側から追い越された……14.0%

圧倒的に多かったのは「あなたの自動車に激しく接近し、もっと速く走るように挑発してきた」。
またあおり運転をされた時にとった対処法として一番多いのは「何もしなかった」(38.3%)。
僅差で続いたのは「道を譲った」(36.0%)ですが、多くのドライバーは煽られても具体的な行動を起こさずやり過ごしているのが現状のようです。

あおり運転に火をつけるのは、追い越しとスピードが遅いこと

とはいえあおり運転には多くの場合、されるキッカケとなる要因があるます。
そこであおり運転を受けたことがあるドライバーに対し、されたきっかけと考えられる運転行動をアンケート。結果は次の通りとなりました。

◆あおり運転をされたきっかけと考えらえる運転行動
追い越しをした……25.6%
スピードが遅かった……21.4%
車線変更をした……15.4%
車間距離を詰めた……12.0%
制限速度を走っていた……11.1%
クラクションを鳴らした……10.3%
合流した……6.0%
相手の運転に対して注意をした……6.0%
相手が自分よりおとなしそう、弱そうなど人を見て……5.1%

一番多かった「追い越しをした」や「車線変更をした」は、普通に運転するなら誰でも普通にやっていることではないでしょうか?
にもかかわらずあおり運転の対象となってしまうのはなぜなのでしょう?

交通心理学とヒューマンインタフェースが専門分野である九州大学の志堂寺和則教授によると、あおり運転には衝動的にしてしまうタイプ(衝動型あおり運転)と、邪魔な車を排除するために道具としてあおるタイプ(道具型あおり運転)があるとのこと。前者の場合は本当に急な割り込みだったか、無茶な追い越しだったかは関係なく、そう感じたというところからあおり運転が始まるといいます。一方道具型あおり運転では、前を走る車が邪魔で追い越せない時に、追い越したいということを知らせる目的で行うケースが多いそうです。

これらのあおり運転を避けるためには、具体的にどんな運転をするのが効果的なのでしょうか?
そこであおり運転を受けたことがあるドライバーに、あおり運転をされないように工夫していることを質問。

圧倒的に多かったのは「車間距離をしっかりとる」。
志堂寺教授によるとこの方法について「十分な車間距離をとることで、急ブレーキなどの後続車に迷惑がかかるようなことをする必要がなくなる。さらに車間距離をとると時間にも気持ちにも余裕が出てくるので、車線変更といったこともゆっくりと確実に行える」と評価しています。
あおり運転をできるだけ避けたい人は、ぜひ車間距離をしっかりとることを意識してみてください。


続きを読む

Source: 車速報
【車運転】ドライバーの半数が「あおり運転をされた経験あり」されないためにできることは?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.