1: 2023/02/24(金) 22:55:34.32 ID:f36b47UE9
三菱自動車は2023年2月24日、コンパクトSUV「RVR」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。安全装備の強化のほか、一部グレードの外観も変更している。

今回の仕様変更では、上級グレードに標準装備としていた後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]を、ベーシックな「M」グレードにも標準装備とした。さらに、従来はメーカーオプション設定としていたSRSサイド&カーテンエアバッグを全車に標準装備とし、安全性を向上させている。

「M」グレードについては、ドアミラーをターンランプ付きに変更したほか、ホイールアーチモールの追加やサイドガーニッシュのメッキ加飾追加など、上級の「G」グレードと同様の外観とすることで質感の向上も図った。

また、これまで4WD車のみに標準装備であった寒冷地仕様(ヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクト、ラジエータークーラントの寒冷地仕様化)を2WD車にも採用することで、冬場の利便性を向上させた。

RVRのラインナップと価格は以下のとおり。

・M(2WD):230万6700円
・M(4WD):253万4400円
・G(2WD):247万0600円
・G(4WD):269万8300円
・ブラックエディション(2WD):260万4800円
・ブラックエディション(4WD):283万2500円

(webCG)

2023.02.24
https://www.webcg.net/articles/-/47832

RVR
no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む
Source: 車ちゃんねる
【自動車】三菱がコンパクトSUV「RVR」の一部仕様を変更 安全装備を充実

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.