20200417141017

1: 2021/03/24(水) 12:44:49.08 ID:QvPP/3AT0● BE:509689741-2BP(6000)

sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
https://kuruma-news.jp/post/358660

ナンでも出来る? トヨタ「ハイエース」が人気過ぎ! あなたが考えるマルチな使い方とは

あなたが考えるハイエースの使い方とは
 トヨタ「ハイエース」は、本来の商用バンとしてさまざまな仕事で活躍するほか、近年ではアウトドアブームや車中泊ブームなどにより、本格的な趣味やレジャー向けに仕立てた専用仕様まで登場するなど、人気は留まることを知りません。
 
 そんなハイエースですが、ユーザーはどのような印象をもっているのでしょうか。

ハイエースの初代モデルは1967年に登場しました。国内市場における現在モデルは2004年に登場した5代目です。

 国内市場においてハイエースは、サイズによって「バン」「ワゴン」「コミューター」に分けられます。

 バンは、荷物の運搬などメインとした商用、ワゴンやコミューターは幼稚園バスなどの送迎用などに用いられています。

 しかし、最近ではハイエースをキャンピングカー仕様に仕立てたモデルや、車中泊や趣味に特化させたカスタムも流行っているようです。

 今回、くるまのニュースではSNSにてハイエースに関するアンケートを実施しました。

 まず、「ハイエースについてどのようなイメージを持っていますか?」という設問では、次のような結果となっています。

 ・仕事用/商用バン/プロユース:77.8%
 ・趣味用/アウトドア用(キャンピングカー、車中泊、レジャーなど):36.1%
 ・カスタム/ドレスアップのベース:19.4%

 このように、本来の仕事で使うイメージが多いなかで趣味などにおいてもハイエースのイメージが高まっているようです。

 実際に、外観や実用性を含めたカスタムに関する設問では、次のような結果になっています。

 ・実用系(ベッドやテーブルなどの使い勝手メイン):50%
 ・オフロード系:22%
 ・スポーティ系:16.7%
 ・ビンテージ系:11.1%
 ・ギラギラ系:0%

 キャンプや車中泊などの流行りもあり、実用性を求める声が高いほか、アウトドアという部分ではオフロード系のカスタムを好む傾向にあるようです。

 一方で、トヨタ「アルファード」などではギラギラ系カスタムが好まれるなか、ハイエースではギラギラ系カスタムを選ぶユーザーはいませんでした。

 ハイエースに実用性を求めるユーザーが多いなかで、キャンピングカーの購入を検討するユーザーはどれほどいるのでしょうか。

 自由回答となる設問では、「欲しくない/必要ない」や「そこまでの仕様はいらない」という回答が大半を占めました。

 また、「欲しい」という回答では「手頃な値段で、大人2人くらいがゆっくり使えるものなら購入を検討したい」、「購入したい。屋根開放型希望」といったものが挙げられます。

 そのほか、「バイク積載可能なトランポ仕様のキャンピングカーが欲しい」という回答もあり、趣味にも使える仕様を求める人もいるようです。


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【朗報】日本人さん ハイエースが万能車だと気づきバカ売れしだすwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.