1: 2021/04/25(日) 18:03:09.18 ID:ehPmPoBa0● BE:423476805-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
日産の新型車、ノートオーラが2021年5月にも発売日を迎える見込みとなっている。

ノートオーラに設定されていた当初の発売日は2021年3月であった。
しかし、世界的な自動車向け半導体不足の影響を受け、発売日は夏頃まで延期となっていた。
半導体部品供給の目処が立ったことで、発売時期の遅れを取り戻す形となった。

(写真はE13型ノート)no title

ノートオーラは、昨年2020年12月にフルモデルチェンジ発売されたE13型ノートから派生する上級車種に相当する。
前後バンパー、フェンダーには専用エクステリアパーツが与えられ、全幅は3ナンバーサイズまで拡大される。
車内でもシート表皮に拘った専用インテリアを採用。
さらに、パワートレイン部にも上位システムが搭載され、フロントモーターの最高出力は100kw(136PS)となる見込み。
これは通常ノートの85kW(116PS)から18%の向上となる。

ノートオーラの車両価格は、2WDモデルで260万円前後が想定される。
コンパクトカーとしては高額な部類となるが、それでも日産はノートオーラの月間販売目標として2000台を設定する見込み。
通常ノートの8000台と合わせて、ノートシリーズを月間1万台規模にまで拡大させる予定でいる。

現行型ノートシリーズはノートオーラを含め、全車e-POWERである。
通常ノートもエントリー価格202万9500円と立派なプライスが付けられており、電動化とともにプレミアム化も進められてきた。

国内Bセグメントカーに求められるものは、近年の軽自動車シフトの影響もあり、変化してきた。
ホンダ・フィットは居住性や使い勝手を追求したが、販売台数を伸ばせていない。
一方で、トヨタ・ヤリスはスポーツ志向を強め2020年度の車名別販売台数で首位となった。
そんななか日産は、かつてのティーダのコンセプトである「プレミアム・コンパクト」を新型ノート オーラで再興させようとしている。
(続きあり)https://car-research.jp/note/fmc-e13.html


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【朗報】新型ノートオーラ、5月に260万円で発売!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.