1778881

1: 2022/07/21(木) 15:19:49.03 ID:MgscWKbN9
※レスポンス

中国BYD、日本乗用車市場へ参入…EV 3車種を2023年より順次発売
https://response.jp/article/2022/07/21/359927.html

2022年7月21日(木)13時07分

https://response.jp/imgs/fill/1778881.jpg
日本市場に投入する3モデル、左からSEAL、ATTO 3、DOLPHIN

BYDジャパンは7月21日、日本の乗用車市場への参入を発表。2023年1月より順次、電気自動車(EV)3車種の販売を開始する。

中国・深センに本社を構えるBYDは、世界最大手のEVメーカーの一つ。世界中で高い安全性と優れた航続性能を持つさまざまなボディタイプのEVをリーズナブルな価格で提供してきた。日本市場では2005年に現地法人のBYDジャパンを設立。これまで、EVバスやEVフォークリフトなどを中心に事業を展開してきたが、今回、日本の乗用車市場への参入を正式決定。7月に設立した販売・サービス子会社のBYDオートジャパンを通じ、2023年1月よりミドルサイズSUV『ATTO(アット)3』、同年中頃にコンパクトカー『DOLPHIN(ドルフィン)』、同年下半期に高級セダン『SEAL(シール)』の3モデルを順次発売する。

ATTO 3は、2022年2月に中国で販売を開始したミドルサイズ電動SUV。シンガポールやオ豪州など、中国国外でも好評を得ている。BYDが独自開発した「ブレードバッテリー」を搭載したEV専用の「e-プラットフォーム 3.0」を採用。485kmの航続距離(WLTC値)と高い安全性に加え、フラットな床面により広い車内空間と440リットルの荷室容量を実現している。

DOLPHINは、海からのインスピレーションを得て、エクステリアとインテリアの随所にイルカをイメージしたデザインを施したコンパクトEV。e-プラットフォーム 3.0を採用し、471km(WLTC値)の航続距離を実現する。ラインアップはスタンダード、ハイグレードの2種類。両グレードとも交通標識認識システムや誤発進抑制機能などの充実した安全装備を標準搭載している。

SEALは、BYDの最新技術を結集した高級セダン。DOLPHINと同じく海からのインスピレーションを得た、スポーティかつエレガントなデザインが特徴だ。高い安全性を備え、航続距離は555km(欧州WLTP値)に達する。

BYDオートジャパンでは今後、「eモビリティを、みんなのものに。」をブランドコンセプトに様々な取り組みを展開していく。(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


続きを読む
Source: 車ちゃんねる
【朗報】中国BYD、日本乗用車市場へ参入!!その内の1台がカッコいいと話題にwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.