1: 2021/04/18(日) 19:21:07.81 ID:J36Mno6p0● BE:423476805-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ホンダのコンパクトカー、フィットが発売20周年を迎える。

2001年に登場した初代フィットは、センタータンクレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジを実現したことで、大ヒットとなった。
以降、3回のフルモデルチェンジを経て、昨年2020年2月に登場したのが4代目フィットである。

この現行型モデルの販売状況が良くない。

https://car-research.jp/fit/honda-b-segment.html

現行型フィット発売当初は、好調な受注を得ていた。
同時期に発売されたライバル、トヨタ・ヤリスとの販売競争が取り沙汰されるなか、2020年上半期の販売台数は、ヤリスの48,129台に対し、フィットは50,029台。
僅差ながらもフィットの販売が優勢であった。

しかしその後、フィットの勢いは早々と失速した。
逆にヤリスは、シリーズにヤリスクロスを追加するなどで、販売台数を伸ばしてきた。

直近の2020年度の年間販売台数によれば、ヤリスが乗用車トップの202,652台、フィットが94,311台という結果となり、フィットは大敗を喫した。

実は、このBセグメントハッチバックというセグメントは、この20年の間に日本では売りづらいカテゴリに変わってきた。
すぐ下の軽自動車セグメントで、商品力の高いスーパートールワゴン車種が増え、多くの国内ユーザーが軽自動車にシフトしてしまったのである。

ホンダもこのトレンドに乗り、N-BOXを大ヒットさせたわけだが、これはフィットのユーザーを減らすことにもなった。
もはやパッケージングの効率や利便性の追求だけでは、Bセグメントカーは軽自動車に勝てない時代となっている。

一方でヤリスは、スポーツ志向の強いモデル、あるいは専用設計のSUVといった個性的なモデルをラインアップすることで、普通車クラスならではの価値を提供し、販売実績に結びつけることに成功した。

no title


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【朗報】フィットがフルモデルチェンジから1年経過しても売れない理由が判明wwwwwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.