1: 2020/12/22(火) 23:19:55.33 ID:vKhvvvfH9

 静岡県警察は12月22日、6車線化工事が完成した新東名高速道路の御殿場JCT(ジャンクション)付近~浜松いなさJCT付近において、
最高速度規制120km/hの本格運用を開始した。

 同区間では、NEXCO中日本(中日本高速道路)が進めていた、御殿場JCT~浜松いなさJCTの約145kmを6車線化する工事が完了。
12月22日の全線完成に合わせて最高速度規制120km/hの本格運用が開始された。

 静岡県警では、同区間を走行する際の留意事項として「最高速度は120km/hになりますが、120km/hで走行する必要はありません。
十分な車間距離を保ち、進路変更する際は、進路変更しようとする車線の安全確認を確実に行っていただくとともに、交通状況に応じた安全な速度で走行してください」とコメントしている。

 対象車両は、以下の高速自動車国道における法定の最高速度が100km/hとなっている車両で、大型貨物自動車等の最高速度は80km/hのまま変更はない。

・大型乗用自動車(大型バス等)
・中型乗用自動車(マイクロバス等)
・特定中型貨物自動車を除いた中型貨物自動車(車両総重量8t未満・最大積載量5t未満)
・準中型自動車
・普通自動車
・125ccを超える自動二輪車

 また、NEXCO中日本によると、同区間の6車線化の完成により、ダブル連結トラックやトラック隊列走行の安全確保や物流効率化、
高波による東名高速道路の通行止め時やリニューアル工事実施時の安定的な交通確保のほか、交通混雑期を中心に発生している
渋滞の解消や事故率の低減による安全性の向上が期待されるとしている。

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1296870.html
no title

no title


続きを読む

Source: 車速報
【新東名高速道路】12月22日から最高速度規制を120km/hに引き上げ、御殿場JCT~浜松いなさJCT間

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事