hisessyoku_juuden_car

1: 2021/06/18(金) 13:30:15.43 ID:8yuAIsXz9
日本の自動車業界で働いている人が550万人もいるそうだが、それにしても各紙の経済面をみると、自動車関連のニュースが際立つ。
きょうの読売の経済面のトップ記事は「さらば、いとしき名車たち」。

すでに、一部の媒体で報道されているが、自動車各社が車種の見直しを進めている記事。国内市場の縮小や電動化に対応するためで、
ホンダの『オデッセイ』や『レジェンド』、三菱自動車の『パジェロ』などの写真付きで多くのファンに親しまれた「名車」の生産終了が相次いでいると伝えている。

その往年の名車の下には、「FCVなど車種の多様化、トヨタが強調」とのタイトルで、トヨタ自動車の株主総会の話題を取り上げている。

さらに、読売の紙面で興味深いのが、欧州連合(EU)域内の電気自動車(EV)生産台数が2030年にガソリン車などを超えるとの予測記事。
欧州の環境系NPO「トランスポート&エンバイロメント(T&E)」が公表したもので、EUのEVの生産台数は20年の約53万台から、
25年に330万台(全体の24%)に、30年には670万台になると試算。ガソリン車やハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)は徐々に減少し、
30年に計660万台になると予測している。

もっとも、きょうの読売のように紙面の半分が、自動車関連の記事で埋め尽くされているのも珍しいことではない。
ただ、読売が小さく報じたトヨタの株主総会にしても、きょうの産経は経済面のトップ記事扱いだが、朝日、毎日、東京の3紙は取り上げていない。
公正・公平はジャーナリズムの本質のようだが、同じ出来事でも価値観の違いなどで温度差があることも見逃せない。

https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/620980120675162ab84a42440bfd9a369ba5eeb6/


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【悲報】EU域内でのEV生産台数、2030年にエンジン搭載車を上回る予測wwwwwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.