car_side

1: 2021/05/22(土) 21:14:29.91 ID:kVYOvT2R9
外務省は、日本駐在の外交団が駐車違反の反則金納付に応じない場合、対抗手段としてガソリン税の免除を認めない措置を始めた。

 反則金の支払いを拒む者は財産差し押さえなどの処分を受ける。しかし、外交官は外交関係に関するウィーン条約に基づく外交特権で差し押さえを免れている。「違反に対する事実上の罰則がないことが未払いにつながっている」(外務省関係者)という。

 そこで、外務省は反則金未納となっている車両には、外交団向けのガソリン税の免税証明書を発行しないことにした。未納を繰り返す悪質な車両には、個別に注意喚起する方針だ。

 国内で登録されている外交団車両は約2000台。反則金未納のまま時効を迎えた件数は2018年度が3118件(4677万円)、19年度は2736件(4104万円)に上る。

読売新聞
5/22(土) 19:48
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b34765f21bd27e49646a9a1265e03f8b805ffbf


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【悲報】外交団車両の駐車違反「未払い」に対抗…ガソリン税の免税証明出さず

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.