1: 2021/06/07(月) 09:54:00.23 ID:e+hoUXJ/9
「クルマ持ち逃げ」被害多発! GT-Rを勝手に600万円で売却 個人間貸出からネット掲示板に盗難出品の実態とは
くるまのニュース6/7(月) 7:10

個人間カーシェアで貸したクルマが知らない間に売却されていた?

 個人間カーシェアリングサービスを介した「乗り逃げしたクルマを勝手に売却する」事件が2021年に入ってから未遂を含めて急増しています。    今までにない斬新で巧妙な手口とは、どのようなものなのでしょうか。

 個人間カーシェアリングサービス最大手のAnyca(エニカ)で「クルマ持ち逃げ事件」が起こりました。

 筆者(加藤久美子)の取材に協力いただいたのは都内に住むA氏とB氏の2人です。A氏は日産「GT-R」、B氏はメルセデス・ベンツ「Gクラス」をエニカで貸し出した際に事件に巻き込まれたといいます。

 Aさん、Bさん2人の事件に共通する手口は「エニカでクルマを受け取る前にすでに買い手が決まっていた」ということです。

 クルマを受け取る前に、エニカに登録されたクルマの情報(写真や車名など)を元に地域情報サービス「ジモティー」の中古車販売コーナーに出品。

 買い手が決まってからエニカでクルマを予約し、買い手に引き渡す日に合わせてオーナーからクルマを借りるというこれまでにない新しい手口となります。

 では、A氏とB氏はどのような経緯で事件に巻き込まれたのでしょうか。

 ●A氏の場合「GT-R(24時間3万5000円)」

 エニカで予約したドライバーにクルマを貸し出したあと、A氏が知らないところで別の人物に乗り換えられて、関東地方の中古車店(事前に地域掲示板『ジモティー』の中古車販売コーナーにて商談成立)に直行。

 中古車店に向かう間にGT-Rから車検証を探し出してコピーし免許証と委任状を偽造。

 その後、中古車店にクルマを持ち込んで600万円を受け取り、「譲渡証明書と印鑑証明はのちほど届ける」といわれた中古車店は「個人売買ではよくあること」と思って待っていたが連絡なしだったようです。

 そのため、車内にあった書類からA氏の連絡先を知って電話をしたところ、エニカで貸し出し中であることが分かったといいます。

(略)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c85c392b7460756f726363b0610d22bbe3489d5a

no title


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【悲報】個人間カーシェアで貸したGT-R、勝手に売却されていた…wwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.