1200px-Mitsubishi_motors_new_logo.svg

1: 2020/06/18(木) 07:38:13.78 ID:q/PDfyHX0
三菱自動車の男性社員が自殺したのは、月139時間を超える残業による精神疾患が原因だったとして、三田労働基準監督署が労災認定した。

三菱自動車に勤務していた当時47歳の男性社員は、2019年2月、寮の部屋で自殺した。

三田労基署は、亡くなる直前1カ月の残業時間は、139時間を超え、これが原因となり、精神疾患を発症したとして労災認定した。

男性の妻は、「わたしたちの悲しみは癒えることがありません。仕事の量に見合う人員の配置や社員を思いやる会社の管理体制の整備を心から願っております」とコメントしている。

三菱自動車は、「当社社員が亡くなったことを重く受け止めております。現在、詳細を確認しております」としている。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200618-00153852-fnn-soci


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【悲報】三菱自動車、社員が139時間残業し自殺wwwwwwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事