Unknown-4

1: 2022/08/09(火) 07:33:55.26 ID:CAP_USER9
no title

レッドブルF1、ホンダからの2026年の買収提案を拒否との報道
https://f1-gate.com/honda/f1_70284.html

ホンダは、2026年にレッドブル・レーシングを買収するオファーを提示していたが、拒否されたとAuto Motor und Sportが報じている。

海外メディアは、ホンダはF1撤退を後悔していると見ている。先週火曜日には、ホンダが2025年までレッドブルのためにF1パワーユニットの支援を継続することが発表されている。具体的にはF1パワーユニットの完パケ納品と保守だ。

また、ホンダは、2025年までレッドブル・レーシングのタイトルスポンサーについて交渉するとされており、さらには2026年にレッドブル・レーシングを買収したいと考えているとの噂もある。

そのニュースを伝えたのはAuto Motor und Sportのマイケル・シュミットだ。

しかし、レッドブルはポルシェと取引をしているようだ。両当事者間の合意はほぼ完成しているが、2026年のF1エンジンレギュレーションの最終確認を待っている。これに対する投票はすでに数回延期されており、ホンダはこれを利用しようとしている。

「ホンダはレッドブルに2026年の買収オファーを出したが、それほど魅力的ではないと聞いた」とマイケル・シュミットは語った。

「しかし、今、ホンダはポルシェがレッドブルと何を計画しているのかを見た(ポルシェは50%を買収する)」

「レッドブルの中には、モロッコのリークが故意に行われたと信じている人もいると思う」

先週末、ポルシェが2026年からレッドブル・レーシングのF1オペレーションの50%の株式を取得することを明らかにする文書がリークされた。その文書はまだリリースされていないはずだった。レッドブルとポルシェは、2026年のF1パワーユニットのレギュレーションが最終決定されたときに、パートナーシップを正式に発表する予定だ。

最近、クリスチャン・ホーナーは、ポルシェへの移行に向けた最初のステップがすでに行われていることを明らかにしており、レッドブルはホンダに「ノー」を突き付けたようだ。

他の噂によると、レッドブルはホンダにアルファタウリと協力することを提案したが、ホンダはそれには興味を持っていないとされている。

マイケル・シュミットは、レッドブルは、ポルシェとの今後の協力に大きな自信を持っていると考えている。

「私はエンジンパーツをよく扱う人を知っている。彼はポルシェを過小評価しないようにと私に言いった。彼らは燃焼エンジンの分野でも多くの知識を持っている。したがって、レッドブルは電子部門だけでなく燃焼エンジンでも多くのノウハウを得ることができる」とマイケル・シュミットは語った。

関連記事
レッドブル、ホンダとのPU開発契約を2025年まで延長 [2022年8月3日]
https://www.afpbb.com/articles/-/3417528


続きを読む
Source: 車ちゃんねる
【悲報】レッドブル、ホンダからの2026年のチーム買収提案を拒否か

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.