1: 2022/05/02(月) 16:32:08.60 ID:uMbQ8TP0d
 トヨタ自動車とKINTOは5月2日、5月12日より新型BEV(バッテリ電気自動車)「bZ4X」をサブスクリプションサービス「KINTO」で提供開始するのに先立ち、月額利用料を発表した。

bZ4Xは全車リース販売で価格はFWDモデルが600万円、4WDモデルが650万円。個人向けにはKINTOでの提供となる。
5月12日より第1期として3000台分の申し込み受け付けを開始し、秋口に第2期、以降順次申し込みを受け付け、初年度は5000台分の生産・販売を予定している。

 今回発表された月額利用料は、KINTOの「bZ4X専用プラン」で設定している最長10年の契約期間のうち、
最初の4年はCEV(クリーンエネルギー自動車)を購入した際に国から交付される補助金(CEV補助金)を適用した場合、8万8220円からとし、
別途、契約にあたって77万円の申込金も支払う必要がある。

no title

no title

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1406960.html


続きを読む
Source: 車ちゃんねる
【悲報】トヨタが本気で作った新型EV、事前に77万円払って月9万円からwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.