1: 2021/05/01(土) 21:43:24.52 ID:v8GboiKT0● BE:423476805-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ステップワゴンのフルモデルチェンジが2022年春にも実施される見込み。

国内ミドルクラスミニバンのカテゴリでは、2021年末にかけて、トヨタ・ノア/ヴォクシー、日産・セレナが新型に切り替わる計画で、ホンダのステップワゴンもこれらに続く形となる。

(写真は現行ステップワゴン モデューロX)no title

■次期型は不人気車からの脱却を目指す
現行型ステップワゴンは2015年に発売された5代目モデルである。
昨年2020年度の販売台数は36,091台となった。
ライバル車種らは、ノアが46,755台、ヴォクシーが71,903台、セレナが65,302台というなかで、ステップワゴンの人気の低さを改めて確認する結果となった。

■「わくわくゲート」が廃止される
ステップワゴンが不人気車である原因と考えられてきた一つが「わくわくゲート」である。
一般的にミニバンのバックドアは大きく、後方スペースの狭い駐車場では開閉が難しかった。
これを解決するため、ステップワゴンにはバックドアに一回り小さい開き戸が装備された。
しかし、後方スタイルが左右非対称デザインとなってしまい、その見た目が悪いと酷評されてきた。
こういった経緯もあり、わくわくゲートは廃止される見込みである。

■ハイブリッド車が充実される
また不人気の原因は、パワートレインにもあったと考えられる。
2.0Lハイブリッドのe:HEVは、エアログレードのスパーダにしか用意されておらず、ハイブリッドが持て囃される時代のニーズと合っていない。
次期型では、2.0L e:HEVはキャリーオーバーで、通常モデルにまで採用が広がる。燃費性能の向上も盛り込まれるだろう。

■5ナンバーサイズを維持
次期ステップワゴンのボディサイズは、現行型と大きく変わらない見込み。特に全幅は1.7m未満の5ナンバー車として存続する。
ライバル車種は、ノア/ヴォクシーがTNGA(GA-C)、セレナがCMF-C/Dといったグローバルプラットフォームを次期型では採用し、全幅1.7m超えの3ナンバー車となる。
そんななか、大型化を嫌うユーザーがステップワゴンを選ぶ、というケースも出てくるだろう。
その一方で、ライバルよりワンクラス下の車種に見られてしまうリスクもある。
(続きあり)
https://car-research.jp/stepwagon/minivan-2.html


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【悲報】ステップワゴンのフルモデルチェンジ、ダサすぎるwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.