1: 2021/06/02(水) 21:15:45.87 ID:rBeEyxkY0 BE:423476805-2BP(3000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
シエンタに一部改良の実施と特別仕様車の設定がされ、6月2日に発売となった。

現行型シエンタは2015年に発売された2代目モデル。来年、2022年にはTNGA-B導入のフルモデルチェンジが見込まれており、今回の一部改良と特別仕様車が、現行型最終モデルとなるかもしれない。
no title

■一部改良は、オートライト義務化への法規対応
今回のシエンタの一部改良については、コンライト(オートライト)を全車標準装備とした簡単なものである。
このタイミングで手の込んだ改良が盛り込まれると、2022年のフルモデルチェンジを疑う必要性が出てくるが、それには及ばないだろう。

オートライトについては、既に新型車に対しての義務化がスタートしている。
継続生産車の乗用車については、2021年10月1日からの義務化が決まっており、今回のシエンタの一部改良は、これに対応したものとなる。

夕刻時間帯に事故が増える原因の一つに、ヘッドランプ未点灯が考えられてきた。
低コストで装備でき、事故の減少も見込めるわけだから、義務化は当然の流れだろう。

これにより消費税込み車両価格は、わずかに値上がりで、181万8500円~258万0000円に設定される。

■特別仕様車“Safety Edition Ⅱ”は、こだわりのブラックアイテムと安全機能を装備
特別仕様車“Safety Edition Ⅱ”は、通常グレードの「G」と「FUNBASE G」をベースに、ガソリン車とハイブリッド車の両方に設定された。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]と後方の映像を表示し車庫入れをサポートするバックカメラを含むナビレディパッケージが特別装備される。
エクステリアではブラック加飾を施したアウターミラーやホイールキャップ、インテリアもブラックでまとめられる。
ボディカラーとしては、特別設定色グレイッシュブルー(写真のもの)を含む5色が設定される。

シエンタ特別仕様車の消費税込み車両価格は211万0000円~251万7000円に設定された。

■シエンタは2022年フルモデルチェンジでTNGA-B導入
(続きあり)
https://car-research.jp/sienta/fmc-2.html


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
【悲報】シエンタFMC前の現行型最終モデル、ひどいwwwwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.