1: 2020/12/17(木) 07:57:15.15 ID:nvlipLdr9

※NHK

新潟県警察本部高速道路交通警察隊によりますと、東京と新潟を結ぶ関越自動車道は新潟県内で降り続いている雪の影響で16日午後から動けなくなる車両が相次ぎ、大きな渋滞が発生しています。

また上信越自動車道では、雪で動けなくなった車が相次いだことから、上越市の上越高田インターチェンジと妙高高原インターチェンジの間の上りで通行止めとなっています。

東日本高速道路によりますと、関越自動車道の小出インターチェンジ付近から湯沢インターチェンジまでの上りと、群馬県との県境の関越トンネル付近から湯沢インターチェンジまでの下りでも大きな渋滞が発生しているということです。

関越自動車道では16日午後1時半ごろに起きた事故をきっかけに小出インターチェンジから六日町インターチェンジまでの上りが5時間にわたり通行止めになったということです。

関越自動車道が通る湯沢町や南魚沼市、魚沼市などには引き続き大雪警報が出されていて東日本高速道路は、安全のため車による不要不急の外出は控えるよう呼びかけています。

■立往生の男性 「9時間ほど、車はほとんど動いていない」

立往生している車に乗っている46歳の男性は、仕事で新潟県に来て、職場の上司と一緒に神奈川県の会社に戻ろうと16日の午後に関越自動車道に乗り、17日午前2時過ぎには塩沢石打インターチェンジに近い場所にいるということです。

男性は「午後5時ごろから9時間ほど、車はほとんど動いていません。外は雪が降り続いていて、中央分離帯には2メートルほど積もり、30分に1度は車に積もった雪をおろしています」と話しています。

そのうえで、「ここまで雪が降るとは思わず、お菓子のようなものを食べただけで食料はなく、1リットルほどあった水も2人で飲み干してしまっています。燃料はありますが、まわりの車の中には節約するためかエンジンを切っている車もあります。困っているのはトイレに行けないことで、仮眠するにも毛布もなく、これからどうなるか情報もほとんどなく不安です」と話していました。

■男性投稿の写真 中央分離帯には車の高さほどの雪が
no title

男性がツイッターに投稿した写真では、雪が降り続いている様子で多くの車のブレーキランプがついていて、車が動けないでいる状態がわかります。

中央分離帯には車の高さほどの雪がつもり、前の車は後部の窓ガラスが雪で覆われているのも確認できます。

上信越自動車道では通行止めも

上信越自動車道では、16日午後9時ごろ、新潟県上越市の中郷インターチェンジと妙高市の妙高高原インターチェンジの間の上りを走っていたトレーラーの運転手から「雪にはまり動けなくなった」という連絡が警察に入りました。

このため上信越自動車道は16日夜10時10分から同じ区間の上りが通行止めになりましたが、その後、今度は雪で動けなくなった車が相次いだことから通行止めの区間が拡大し、17日午前0時からは上越市の上越高田インターチェンジと妙高高原インターチェンジの間の上りで通行止めとなっています。

■トラック運転の男性「昨夜9時半ごろから全く車が動いていない」

新潟県を通る上信越自動車道の妙高高原で雪の影響で立往生している車の様子をトラック運転手の男性が撮影した映像には、止まっている別のトラックなどの車列が見え、多くの車が動けないでいる様子が写っています。

動画を撮影した午前2時前の時点では雪は降っていないようですが、中央分離帯が見えなくなるほど雪が積もっていて、上りが立往生の状態になっているのに対し下りは車が走っています。

男性は「昨夜9時半ごろから全く車が動いていない状態だ。午前1時半ごろNEXCOの職員がそれぞれの車をまわり、『この先が上り坂になっていて、前にいるトレーラーが動けなくなっていることが原因だ』と説明していた。仕事で神奈川県まで向かわないといけないが、動けるようになる見通しもなく困っている」と話していました。

2020年12月17日 7時18分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201217/k10012768311000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001
no title

no title


続きを読む

Source: 車速報
【大雪】新潟の関越道や上信越道、大雪で立ち往生相次ぐ…トラック運転手「昨夜9時半頃から全く車が動いていない」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事