発電用ロータリーエンジン、走行距離に自信

1: 2023/01/04(水) 18:59:48.82 ID:6WORL97u0● BE:123322212-PLT(14121)

 マツダの丸本明社長は4日、広島市中区のホテルで年頭の記者会見を開いた。2023年は、電気自動車(EV)のMX-30に
発電用ロータリーエンジン(RE)を搭載するタイプを追加すると説明し、走行距離に自信を示した。
5月に同市である先進7カ国首脳会議(G7サミット)に向け、脱炭素の取り組みの発信にも努めるとした。

 REの搭載モデルは3月までに投入する方針で、近く詳細を発表する。ガソリンを燃料にしたREで発電して、EVの走る距離を伸ばす。
丸本社長は、電池に蓄える電気と合わせて長く走れるとし「欧州など、長距離を走る顧客にも好評となるのでは」と自信を見せた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/912e81b27dffd41bf08b087b7b62666802d25e7d


続きを読む
Source: 車速報
【マツダ】発電用ロータリーエンジン、走行距離に自信

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.