1: 2020/11/24(火) 14:03:38.34 ID:CAP_USER

no title

マクラーレン・アルトゥーラ のティザーイメージ
no title

マクラーレン・アルトゥーラ のティザーイメージ
no title

マクラーレン・アルトゥーラ のプロトタイプ
no title

マクラーレン・アルトゥーラ のプロトタイプ
no title

マクラーレンオートモーティブの次世代電動スーパーカー向けに新開発された軽量アーキテクチャ
no title

マクラーレンオートモーティブの次世代電動スーパーカー向けに新開発された軽量アーキテクチャの製造工程

マクラーレンオートモーティブは11月23日、2021年前半に新型ハイブリッドスーパーカーのマクラーレン『アルトゥーラ』(McLaren Artura)を発売すると発表した。

□「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド」シリーズ初のスーパーカー
アルトゥーラは、マクラーレンのラインナップにおいて、『GT』と『720S』の間に位置する。アルトゥーラの導入により、スーパーカーカテゴリーにおけるマクラーレンのプレゼンスがさらに強化されるという。2015年に『570S』の発売とともに始まった現行のスポーツシリーズは、レーシングカーのGT4にインスパイアされた限定モデルの『620R』の2020年内の生産終了をもって、幕を閉じることになる。

アルトゥーラは、マクラーレンオートモーティブの新時代の幕開けを告げるモデルだ。ここで生かされる電動化技術は、まず 2012 年にベールを脱いだハイブリッドハイパーカーの 『P1』で実証された。2020年から生産されているハイパーGT の 『スピードテール』では、マクラーレン史上最速の403km/hの最高速を誇る。これらのモデルに続くアルトゥーラは、「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)」シリーズ初となるスーパーカーだ。

ハイブリッドパワートレインに関するエンジニアリングの専門性を結集したハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)は、半世紀以上におよぶレーシングカーとロードカーにおけるマクラーレンの知識、経験、エンジニアリング技術を生かして開発された。

□新開発のカーボンファイバー構造を初採用
アルトゥーラは、「マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)」と名付けられた新開発のカーボンファイバー構造をベースとする最初のマクラーレン車になる。高性能ハイブリッドパワートレインと最新世代のドライバーテクノロジー向けに最適化されたこのアーキテクチャーは、マクラーレンの軽量シャシーテクノロジーを新たなレベルへと引き上げるという。

マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャーの設計、開発、製造はすべて、イギリスのシェフィールドに5000万ポンドを投じて建設した最先端のマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)で行われている。マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャーは、次世代電動スーパーカーのベースとなるフレキシブルで軽量な最新アークテクチャーだ。

マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャーは、今後数年間に渡って登場する予定の次世代のマクラーレンハイブリッドスーパーカーの中核技術のひとつになる。このフレキシブルな新アーキテクチャーは、世界初の革新的な工法と技術を駆使し、車両全体の重量を削減しつつ、安全性をさらに向上させている。

>>2 へ続く

2020年11月24日(火)12時15分
レスポンス(Response.jp)
https://response.jp/article/2020/11/24/340591.html


続きを読む

Source: 車速報
【マクラーレン】新型ハイブリッドスーパーカー、車名は『アルトゥーラ』 2021年前半に発売

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事