1: 2021/06/01(火) 21:04:29.99 ID:dEO88rFM0 BE:423476805-2BP(3000)

■次期クラウン、FFセダン案も残るが
4月の上海モーターショーでは、中国市場向けのクラウン クルーガーが発表され話題となった。
日本市場向けには、これとは異なる別プランが進行中となっている。

まず、プラットフォームはTNGA-Kの採用が有力で、やはり次期クラウンのFRセダンとしての存続は難しい状況だ。
ただし、セダンボディは残される見込みで、車体構造上はFFのカムリと近くなることが想定される。
搭載されるパワートレインはTNGA-K車種で実績のあるダイナミックフォースエンジンの2.5L ハイブリッドに絞られ、クラウンを名乗るには凡庸となりそうだが、もはやそこはユーザーの興味するところではないはず。

次期クラウンへの導入が期待されるのが、自動運転に関する何らかの最新技術である。

ホンダはフラグシップセダンのレジェンドで世界初の自動運転レベル3搭載車を少数台数ながらも市販化させている。
自動運転技術において、このレジェンドを上回る実績をクラウンで示すことができれば、パワートレインなどは些細な問題ではないか。
(写真は従来型クラウン)
no title

■クラウンSUVは、セダンの派生クロスオーバーの可能性
そしてクラウンSUVについては、ハイランダーの姉妹車でもなければ、ハリアーのようなシティSUV風でもない。
前述のセダンをベースに大径タイヤが履かされ、クロスオーバーSUVスタイルの専用ボディが与えられた派生モデルとなるだろう。

既存の具体的な車種でボディスタイルをイメージするなら、テスラ Model Xが近いかもしれない。
もちろんファルコンウィングドアの装備は無いし、EVパワートレインの採用も無いだろう。
(続きあり)
https://car-research.jp/crown/suv.html


続きを読む

Source: 車速報
【トヨタ】次期クラウンはTNGA-K導入、SUVとFFセダンの2案あり

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.