alphard

1: 2021/10/02(土) 20:32:12.33 ID:0o0G/Kqf0● BE:423476805-2BP(4000)

トヨタのミニバン、アルファードがフルモデルチェンジを受けて2022年秋~冬に発売される見込み。

そして、そのすぐ後の2023年には、日産・エルグランドに13年ぶりとなるフルモデルチェンジが計画されており、長年ミニバン王者として君臨してきたアルファードのポジションは必ずしも安泰とは言えない状況になりそうだ。

■新型アルファードはTNGA-K導入により正常進化
先に新型に切り替わるアルファードは、TNGA(GA-K)プラットフォーム採用によるトヨタの最新テクノロジーが導入される。

これまでのGA-K採用モデルの中で最もホイールベースが長かったのは、北米ハイランダーなどの2850mmであるが、アルファードではさらにロングホイールベース化され、現行アルファードの3000mmと同程度になる見込み。
つまり新型アルファードは極端に大型化されることはなく、現行型同様の取り回し性が維持されることになる。

ボディシェイプは底床技術の導入とルーフ高が下げられ、広いキャビンスペースを維持しながらもスポーティーなスタイルに仕上げられる。

この他、パワートレインでは、最新のA25A-FXS型ハイブリッドと、レクサスNXで先行導入される新開発2.4L ターボエンジンが搭載されるだろう。

■エルグランドは大型車種向けe-POWER搭載でハイブリッド化
そして、ライバルのエルグランドは、課題となっていた燃費性能が大きく向上する。

シリーズ式ハイブリッドのe-POWERは、より大きな車体サイズに向けた1.5L VC-Turbo e-POWERが、来春発売の新型エクストレイルより市販車搭載が始まる。
このシステムをベースにバッテリーやモーターなどが増強され、車体重量がより大きいエルグランドにも搭載されることになりそうだ。
(続きあり)
https://car-research.jp/alphard/toyota-3.html


続きを読む
Source: 車速報
【トヨタ】アルファード、フルモデルチェンジ2022年秋~冬、ライバルのエルグランドも新型へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.