ccv

1: 2020/11/04(水) 21:06:13.32 ID:CAP_USER

SUBARU(スバル)は11月4日、2020年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響で4~6月期は157億円の最終赤字だったが、237億円の黒字に転換した。

海外販売台数は前年同期比26.4%減の32万1000台、国内販売台数は同37.4%減の4万3000台。全世界販売台数は、第2四半期(2020年7月~9月)に北米市場にて想定よりも早く販売回復の傾向が見られたものの、第1四半期(2020年4月~6月)に受けた新型コロナウイルス感染症の影響が大きく、同27.9%減の36万3000台となった。

なお、全世界生産台数も同影響により、同28.9%減の35万4000台。海外生産は同22.7%減の13万3000台、国内生産は同32.2%減の22万1000台となった。

売上高はこれら販売台数の大幅な減少などにより、同24.1%減の1兆2184億円となった。営業利益は同67.7%減の306億円、税引前利益は同61.2%減の361億円、最終利益は同65.3%減の237億円となった。

通期業績見通しについては、前回(2020年8月4日)発表値に対して、米国を中心とする販売が想定を上回っていることなどにより、全世界販売91万1000台(前年予測比1万1000台増)、売上高2兆9500億円(同500億円増)、営業利益1100億円(同300億円増)、税引前利益1170億円(同300億円増)、当期利益800億円(同200億円増)にそれぞれ上方修正した。
https://response.jp/article/2020/11/04/340015.html


続きを読む

Source: 車速報
【スバル】237億円の最終黒字に転換…通期予想も上方修正

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事