1: 2020/03/06(金) 21:57:26.26 ID:ifrYs9T39
仏ルノーは2020年2月24日、コンパクトな電気自動車(EV)「トゥインゴZ.E.」の概要を発表した。

トゥインゴZ.E.は、コンパクトハッチバック「トゥインゴ」のEVバージョン。外観上はガソリンエンジン車のトゥインゴとほとんど変わらず、フロントグリルやボディーサイド、ホイールのセンターに見られるブルーの差し色のほか、リアの「Z.E.ELECTRIC」エンブレムなどで環境配慮型の車両であることがアピールされている。

インテリアデザインも同様で、専用のロゴマークが添えられるものの、大きな違いはない。乗車定員はガソリンエンジン車と同じ4人。荷室の容量も変わらず、174~980リッターが確保されている。

リアアクスルに搭載される駆動用電気モーターの最高出力は82PS(60kW)で、最大トルクは160N・m。50km/hまでの発進加速には4秒ほどを要するが、トップスピードはあらゆる高速道路に対応できる135km/hに達するとアピールされる。

トゥインゴZ.E.は容量21.3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、一充電あたりの航続可能距離(WLTPモード)は180kmと公表される。加速や最高速が制限されるEcoモードを選択すれば215kmまで走行できるようになる。

0-100%の充電時間は、2.3kW(10A)の家庭用電源を使った場合が13時間30分で、7.4kW(32A)のウオールボックス使用時は4時間。22kW(32A)の充電器であれば63分で8割の充電が可能だ。

なお、インポーターのルノー・ジャポンによれば、現時点では日本への導入は予定されていないとのこと。(webCG)

2020.03.06
https://www.webcg.net/articles/-/42483

トゥインゴZ.E.
img_ec73f33efcf2fb2d5b9882fdc4ca2b1a96591
img_f24c8a8748bd8120be56c4a7f3a8576c104322
img_dad8373d5befa2908171a94b4845230a98952
img_318b5c89aef583845b8504e9f234162b90715
img_4deabf325e211fabe89a2e5b953a818b199737


続きを読む

Source: 車ちゃんねる
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビュー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.