1: 2021/10/28(木) 06:55:58.07 ID:RJxMft8H9
「アッシーくん」御用達の「六本木カローラ」! 狂乱のバブル時代、クルマは「ナンパの最終兵器」だった (1/2ページ)

投稿日: 2021年10月25日 投稿者: 『Auto Messe Web編集部』 TEXT: 並木政孝 PHOTO: Auto Messe Web編集部

TAG: アッシーくん, スペシャリティカー, デートカー, メッシーくん, ヤンエグ, 六本木カローラ, 小ベンツ

no title

クルマさえあればモテた!? バブル時代の自動車文化を振り返る

 遡ること約30年前、日本は「バブル景気」に踊らされイケイケの時代を迎えていた。バブルと呼ばれた期間は1986年の12月から1991年の2月とされ、バブル景気の恩恵に与れたのは現在の50歳以上の人々ということになる。今となっては懐かし思い出であり、若い世代には「負の遺産」として語り継がれる黒歴史だが、バブル景気によって日本の自動車文化も大きな頂点を迎えたことは確かである。

名刺代わりに自慢の愛車で女子大生をナンパ!

 当時、若者たちの間には「クルマ=アイデンティティ」という公式が成立し、顔面偏差値が多少低くとも女性ウケするクルマに乗っていれば通用する時代でもあった。そのため、若者たちはカッコいいクルマ、見栄えのするクルマを求めることになる。日本の自動車メーカーも若者向けのクルマを数多くリリースし、それでも物足りないリッチ層は輸入車へと目を向けた。

 また、時代も好景気の波に後押しされ、田中康夫の小説「なんとなくクリスタル」がベストセラーを記録。テレビの深夜ドラマ「トライアングルブルー」では、とんねるずのふたりが六本木を舞台にオシャレな物語を繰り広げたことで、若者たちの間では「女子大生ブーム」や「六本木ブーム」が広がっていく。

 週休2日制の導入により週末を迎える金曜日は「ハナキン(花の金曜日)」と呼ばれ、マハラジャやエリアなどの有名ディスコを目指した若者たちで六本木通りには路上駐車の列が二重、三重と発生し大渋滞を巻き起こしたのである。

ヤンエグたちは国産ハイソカーから輸入車へ愛車をランクアップ!
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
 https://www.automesseweb.jp/2021/10/25/798808


続きを読む
Source: 車ちゃんねる
「アッシーくん」御用達の「六本木カローラ」! 狂乱のバブル時代、クルマは「ナンパの最終兵器」だった

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.