bbh

1: 2021/05/30(日) 06:20:33.51 ID:dfbQ5FS00● BE:509689741-2BP(6000)

https://news.yahoo.co.jp/articles/04435ed242504d45125c5d076b234de97422ae0c

鹿児島トヨタ自動車は5月25日、Kアクセスと業務提携し、移動の新しい価値を提供する多目的モビリティを企画開発すると発表した。

移動が制限されている中でも、パーソナルな居住空間を確保して快適に移動を楽しめるキャンピングカーが注目されているといい、マイクロツーリズムの手段として、リモートオフィスとして、また、災害時の避難場所やメディカルカーとしての需要も高まってきているという。そこで、鹿児島トヨタではユーザーのライフスタイルの変化に適応したモビリティを提供するために、キャンパー鹿児島を運営する知見の豊富なKアクセスとの共創プロジェクトをスタート。

 今回のプロジェクトでは、「ハイエース」をベースにして鹿児島トヨタオリジナルのキャンピングカーを開発。ブランド名は“KT CRUISER”とし、KTの頭文字には「クルマでツーリズム」「空間を多目的に」「快適にトランスフォーメーション」という3つのコンセプトを込めたとしている。

“ローカルモビリティ”で鹿児島を元気にする活動の一環として、地域の人々の生活を豊かにし、社会課題を解決するモビリティとして2021年7月の発表・発売開始を計画。開発の経緯は随時Webページ、SNSを通じて情報発信していくとのこと。


続きを読む

Source: 車速報
【永遠の課題】ハイエースってガソリンとディーゼルどっちがいいの?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.