1: 2020/05/20(水) 21:53:38.39 ID:jt5F7luC9

1990年フルモデルチェンジによってデビューした4代目 日産 パルサー(N14型系)。搭載エンジンは6種類、グレードは11種類と幅広いバリエーションを展開していた。中でも、ラリー参戦を前提に開発され、イメージリーダーの役割も担っていた「GTI-R」はコンパクトなボディに高出力のターボエンジンを搭載した四輪駆動スポーツモデルとして、日産のコンパクトスポーツモデルのシンボル的存在だ。

■11グレード、6種のエンジン、ホットハッチまで展開していた4代目 パルサー

フルモデルチェンジにより4代目 N14型系へバトンタッチしたのは1990年。ボディタイプは、3ドア・5ドアのハッチバックと4ドアセダンを展開。グレードは驚きの11種類で、「V1」、「M1」、「M1-D」、「J1J」、「K1」、「K1-D」、「X1」、「X1R」、「GT」、「GTI」、「GTI-R」となる。エンジンは1300cc~2000ccターボエンジンまで取り揃え、6種類を用意した。

4代目 日産 パルサーを語るうえで忘れてはならない存在が、ラリーへの参戦を前提に開発され、コンパクトスポーツハッチバックとしてラインナップしていた「GTI-R」だ。

■230馬力+四輪駆動のモンスターマシン

ベーシックなグレードと変わらぬ表情を持つ3ドアハッチバックの日産 パルサー GTI-Rだが、230馬力を発生させる直列4気筒2000ccターボエンジンを搭載し、前後の動力配分50:50のビスカスLSD付きセンターデフ式四輪駆動(アテーサ)を採用。ボンネットのパワーバルジや大型リアスポイラーがタダ者ではない雰囲気を醸し、パワーウィンドウと集中ドアロックこそ標準装備としながらも、エアコンはオプションというストイックな姿勢からも“速さ”への強いこだわりを感じる。

実際、0-400m加速は13.5秒と、R32 スカイライン GT-Rに迫るかなりの俊足ではあったものの、前70:後30のフロントヘビーな前後重量バランスと195/55R14のタイヤサイズにより、いわゆる“曲がりにくい車”になってしまった。

開発当初からの目標でもあったラリーへ参戦し、1992年にスウェディッシュラリーで総合3位を獲得するも、エンジンの排熱をはじめ多くの問題が浮上し、さらに日産の経営不振と重なったこともあり僅か2年で撤退してしまう。

日産 パルサー GTI-Rに搭載されていたハイパワーなSR20DE系エンジンは、汎用性の高いエンジンであることから、当時の人気モデルでもあった初代 プリメーラへのエンジン移植や、同じSRエンジンを搭載するシルビアへのパーツ流用などが行われた。

■スペックや価格

◇全長×全幅×全高:3,975mm×1,690mm×1,400mm

◇車両重量:1230kg

◇エンジン:直列4気筒 2000cc DOHC ターボ SR20DET型

◇最高出力:230馬力/6400rpm

◇最大トルク:29.0kgm/4800rpm

◇0-400m加速:13.5秒

◇トランスミッション:5速MT

◇タイヤサイズ:195/55R14

◇駆動方式:4WD

◇価格:227万円

※スペックや価格は1990年式 パルサー GTI-R

2020/05/18
https://autoc-one.jp/nissan/pulser/special-5007296/

パルサー GTI-R
no title

no title

no title

no title


続きを読む

Source: 車速報
【日産】GT-R超え!? パルサー GTI-Rは速さへの情熱が詰まったコンパクトホットハッチだ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事